給湯器の凍結による破損防止について  長岡 金井不動産 賃貸

不動産のまめ知識
ホーム > 不動産のまめ知識 > 給湯器の凍結による破損防止について
不動産のまめ知識

給湯器の凍結による破損防止について

冬季は給湯器内の残り水や
水道配管が凍結し破損事故が起こることがあります。
このような事故を防止する為次の処置を必ずして下さい。

1、凍結防止ヒーターによる予防法

 通常給湯器具には、外気温が下がると自動的に
器具内を保温するヒーターが組み込まれています。
器具の電源プラグ(差込)を抜いたり電源ブレーカーを落としたりすると
全く作動しませんので、必ず電通していることを確認して下さい。
外出時にブレーカーを落とすことは絶対に避けて下さい。

2、通水による予防法

 器具のスイッチを「切 」にした状態でお湯の蛇口から
少しずつ水を流しておくと配管の凍結防止になります。

;-) 以上の予防を怠り凍結破損事故が起きた場合
  御入居者様から修理費用を御負担頂くことがありますので
  十分御注意下さい。

このページの先頭へ戻る

下のQRコードからモバイル版の
物件検索が可能です。
モバイル版物件検索

知っ得タウンながおかとはながおかエリアナビながおかに住む不動産のまめ知識新着情報会社情報お問い合わせ